Kanon&Aria

kanoaria.exblog.jp

別れと再会

c0074156_22334531.jpg

少し前に見た映画の1シーン。

事故で亡くなったある男性が
自分の死を受け入れられず彷徨っている。



色々な人が彼を訪ねてくるけれど、彼にはそれが誰なのか思い出せない。

心休まらず夜も眠れない。
悶々としていると、ある時犬の鳴き声が聞こえて外に出る。

じっと彼を見つめる澄んだ瞳。

犬がフセをした瞬間、彼は思い出す。


c0074156_22402369.jpg


『あれは僕の犬だ。死んだ時悲しくて僕が自分で庭に埋めたんだ。』


彷徨う彼を愛犬が迎えにきたのでした。

今まで訪ねてきたのは既に亡くなった彼の愛する人たち。


やっと彼は穏やかに自らの死を悟り受け入れた・・・


c0074156_22491040.jpg

映画そのものは今イチでしたが、このエピソードは深く心に残りました。

自分の人生の終わりにも、カノンとアリアが迎えにきてくれるだろうか。
そうだといいなあ・・・

切ないなかにも心がほんのり温まるような気がする。
by kanoaria | 2010-06-09 22:40 | 日々の暮らし